インド 机上再旅行

2015 (← 2002.12)

写真クリックで拡大

 

ガンジス河の沐浴

 

 バラナシがヒンドゥー教の聖地となった大きな理由は、聖なるガンジス河で沐浴ができる場所であったこと、さらに、バラナシ周辺では、ガンジス河が南から北へと流れており、その西岸から、朝日を浴びて沐浴の儀式ができる最高の立地であったことによるといわれている。君主(藩主)、豪族、有力者などにより、約7kmの間に、84ものガートが建設された。現存するのは200~500年前に建設されたものということである。

 ガートとは、階段状の堤防を土台とした建物群を指す(本来は「岸」という意味を持つ単語である)。階段を降りて、河に入り、祈りを捧げる。

ガートの一覧は、次に記載例がある:

http://depp-usp.com/rcon/htdocs/ron/2001/hasimoto/chap2.pdf

 84のガートがどこに位置しているのか、Google Map で探してみたところ、28を見付けることができた。その分布を 「ガート地図」 に示す。赤い丸印が各ガートの位置、番号は識別のための番号で、 「ガートのリスト」 に、各番号のガート名称、Google Mapから収集した写真の一覧を示す(写真の信ぴょう性は保障できない)。

 バラナシのいま一つの特徴は、火葬場である。Harishchadra、Manikarnikaという大きな火葬場が良く知られている。ヒンドゥー教には業・輪廻の思想(生まれ変わっても同じような人生が繰り返される)と、そこからの解放(解脱)には非常な努力が必要となる、という教えである。その解脱の一方法として、ガンジス河で火葬し、灰(焼却の残存物すべて)をガンジス河に流せば解脱が実現されるという信仰がある。

 それで、バラナシには「死を待つ人々」が群れをなしている。死体を運んできて、火葬に付すことも日常的に行われている。

 沐浴、焼却物、生活排水などで、ガンジス河の水は非常に汚れている。それでも河水は聖水として、貴重品扱いされる。ジャイプールで、その地の君主(マハラジャ) がヨーロッパ旅行をしたときに持って行った、1トン前後のガンジス河聖水の容器が展示されていた。我々のガイドも、ガンジス河の水を自宅に持ち帰って、祭壇に少しづつ供えていた。

 

 我々は、午前6時過ぎから、小舟で、ガートの連なる河岸を遊覧した。朝霧が深く、ガートの姿をはっきりと見ることができなかったが、幻想的な光景を楽しむことができた。

遊覧の範囲を「遊覧範囲図」に示す。旅行時には全く不案内のままであったが、今回のレビューでほぼ確定することができた。ガート群の中心地、Dashaswamedhの少し北から乗船し、南へと河を遡り、火葬地 Harishchadra の所で反転。乗船地を過ぎて、火葬場 Manikarnikaで舟を降りた。

 

小舟から見た河岸の風景

DSCF0011

 

DSCF0012

 

DSCF0013

 

DSCF0014

 

沐浴風景のムービー

 

 ムービー1:ガートを降りて、小舟に乗るまで

    (右クリックでダウンロード 38MB、2.5分)

 どのガートを降りたのか不明であるが、Meer または Manmandir 付近である。午前6時20分頃で、まだ暗闇の中。

 

 ムービー2:小舟で河を遡り、火葬場 Harishchadra まで

    (右クリックでダウンロード 324MB、22分)

 ・ガイドの説明。ガートには多数のお寺がある

 ・ガート風景の変化

 ・泳いでいる人もいる

 ・沐浴風景

 ・ガートは宿泊場所でもあった

 ・流し灯の風景

 ・ガンジス河成立の神話

 ・洗濯風景(カースト制度の名残りで、世襲的に同じ仕事を継続)

 ・高台で瞑想する僧侶

 ・南インド人のガート

 ・沐浴風景

 ・火葬の意味

 ・洗濯風景

 ・Harishchadraの火葬場

 

 ムービー3:火葬場 Harishchadra から流れを下り、火葬場 Manikarnika まで

    (右クリックでダウンロード 219MB、15分)

 ・Harishchadraを後にして引き返す

 ・沐浴風景

 ・日の出を知らせる鐘

 ・洗濯風景

 ・DIGPATIYA Ghat の文字

 ・ガートの案内人

 ・沐浴風景

 ・泳いでいる人

 ・Dashaswamedh付近(中心地)

 ・乗船地付近

 ・舟での物売り

 ・Lalita Ghat の円柱塔群

 ・Manikarnikaの火葬場へ到着(撮影禁止)

 

庶民の生活空間

 Manikarnika Ghat で下船してから車道に出るまで、道幅2~4mの狭い路地の間を十数分歩いた。そこは周辺庶民の生活空間そのものであり、貴重な体験であった。(ガイドによると、団体客を引率するときは、この路地は通らないということであった。)

 

死体の周りに置く香料(白檀の粉)の袋を売る店 DSCF0015

入口には店番の人が寝転んでいる

 

DSCF0016

 

骨壺?灰壺? DSCF0017

 

店の人々の談笑 DSCF0019

背景は死体を焼く薪の束

 

チャイ(紅茶)を飲みながら DSCF0023

 

チャイ(紅茶)を作る DSCF0024

 

多くの家々に置かれている祭壇 DSCF0021

 

DSCF0025

 

不衛生な路地 DSCF0028

 

 路地のムービー (右クリックでダウンロード 156MB、10.5分)

 ・火葬時に用いる香料など

 ・祭壇

 ・紅茶を作る

 ・はだしの女の子

 ・牛

 ・小さな「お寺」がいっぱい

 ・ごみ溜め併用の路地

 ・ゆるやかな上りこう配

 ・小学生

 ・両手に容器を持った女の子

 ・牛

 ・撮影許可終了

 

 路地を出て、露店まで<動画> (右クリックでダウンロード 170MB、3.5分)

 

 露店での朝食<動画> (右クリックでダウンロード 53MB、3.5分)

  

ミルクを沸かし、紅茶の葉を入れる DSCF0032

ミルクは牛?羊?山羊?

 

素焼きの器に入れて飲む DSCF0033

 

DSCF0030

 

食べ物はほとんど揚げ物なので一安心 DSCF0029

 

DSCF0031

 

DSCF0034