エジプト旅行

2007.01.25〜02.01(8日間)

JTB ツアーに参加

参加者 20名

 

 

 

訪問地

 

(Alexandria 国立博物館に展示されているもの)

 

写真のページ

 

試選

 

 ・ルクソール

    王家の谷   カルナック大神殿   ルクソール神殿(夜)

 ・アスワン

    アスワン・ハイダム,切りかけのオベリスク,イシス神殿など

 ・アブシンベル神殿

 ・ピラミッド

    ギザのピラミッド   サッカーラ地方・音と光のショー

 ・アレキサンドリア

    アレキサンドリア国立博物館,ポンペイの柱,カイトベイの城塞

 ・カイロ市内

 

説明

 

エジプト

 面積は日本の 2.7 倍,しかし砂漠が 90 %以上,人口は 7,000 万人あまり。

 12〜2月が観光のベスト・シーズン,ほとんど合いのジャケットで過ごせた。夏は 50 ℃以上になるとか。

 イスラム教徒が 90 %,キリスト教徒が 10 %未満。

 経済の約80%が観光産業。

 

内容の構成

 次の3種に大別し,原則として,各々別のページにまとめた。

 1. 観光の主対象。今回は主として石造建築・構築物など。

    多くの写真が発表されており,写真の新規性,印象は希薄かも知れない。

    現物の側に立って,その規模の大きさに圧倒される体験がベスト。

 2. 主としてバスの窓から写した,エジプト人の生活の表情

    ブレた写真も多いが,多くの枚数を見ることにより,生活臭のようなものが感じられると幸い。

    被写体の選択は,偶然と,撮影者の独断と偏見に基づき,客観的なものではない。

    イスラム教徒の女性を撮影することは禁じられているそうであるが,その禁を破ったものも多い。

   スナップ写真の目次をまとめました → スナップ

 3. 参加メンバーの写真

    参加者以外は興味がないと思われるので,アクセス所要時間を配慮して別ページとした。

    注意:ここに掲載した写真をそのまま印刷しても,貧弱な品質のものしか作れません。

       印刷する場合は,元のファイルを基にしてください。

       (連絡いただければ,ダウンロードできるようにします。1枚4〜6MB。

        試しに,スフィンクスでの集合写真のファイル記号をクリックすれば

        ダウンロード出来るようにしました。6.1MB )

   参加メンバーの目次をまとめました → 参加メンバー

 

 (撮影枚数:約 2,500 枚,掲載枚数:約 800 枚)

 

カメラについて

 出発の前日,手持ちカメラの撮像素子にキズがあると云われ,やむをえず,新しいカメラを調達。

 (Canon EOS 5D & 24-105mm, F4 IS レンズ)

 ASA1600 までの感度と,35mmフルサイズのセンサーの威力を利用することができた。

 (写真はすべてフラッシュなし,手持ち撮影。)