Counter

インド旅行

 

時期:2002 年 12 月 21-28 日

JTB Look ツアーに参加(他に参加者なし)

訪問地

地図も見る 50KB)

 (デジカメの設定ミスで,ほとんどの写真が露出過度

サルナート: 4大仏跡の1つ

ベナレス: ガンジス河での沐浴と周辺スナップ  路上の食べ物店

カジュラフホ: Trident ホテル  寺院群  合歓像1  合歓像2  周辺・Jhansi 駅

アグラ: アグラ城1  アグラ城2  タージ・マハル1  タージマハル2  タージマハル3  ガイドの家

ジャイプール: アンベール城とシティパレス

デリー: クトゥブミナール・タンドリーチキン

(すべての写真を見ると,約4メガバイト程度のダウンロードとなる。)

 

メモ

 

・インドの人口は約10億人で,中国に次ぐ,世界第2の大国。

・観光にはベストシーズン(乾期,最も過ごしやすい気温:北部で数度から十数度)。

・ほとんどすべての食べ物にカレー味の部分あり(カレーが苦手の人は困る?)。

・「生水を飲まない」ことを励行して胃腸の不具合から逃れる。

・ヴェジタリアン(菜食主義者)が人口の3〜4割とか。ほうれん草のカレーが珍しくない。

 牛乳以外の動物性タンパクは含まれていない。

・牛は神聖。牛肉は食べない。靴の主素材は水牛とか。

・「動物にとって最も住みやすい国」。牛,イノシシなどはどこへ行っても風景に入ってくる。

 ラクダ,象もめずらしくない。畑で野生のキジも見かけた。

 道路を悠然と歩いている牛(野牛)は自動車の警笛に全く動じない。車のほうがよけて通過。

・貧富の差が激しく,子供の乞食が多い。しかしスリ・盗難などの心配はいらないとのこと。