ケニヤ・サファリ・ツアー(JTB)へ参加

 

・ツアー名:ケニヤ・サファリ8

・2005/01/23-30 8日間

・参加者 4名 (我々の他,もう1組)

・現地スルーガイド兼ドライバー:ビンセント

・訪問地:ナクル,マサイマラ,アンボセリ各国立公園

     ナイロビ空港到着から各国立公園間の移動はすべてサファリ・カー

     ナイロビ − ナクル:約3時間

     ナクル − マサイマラ:約5時間(大部分が未舗装の悪路)

     マサイマラ − ナイロビ − アンボセリ:約10時間(食事時間を含む)

     アンボセリ − ナイロビ:約4時間

 

 

・使用カメラ:Canon 20D (デジタル一眼レフ。画素数800万)

       レンズ:10-22mm ズーム,70-300mm ズーム(手ぶれ補正付き)

       撮影条件:感度 ISO400に設定。

            動物はほとんどすべて300mm ,1/1000秒 速度優先で撮影。

            AF,評価測光,測距は中央点1ヶ所に設定。

・失敗からの教訓:約1,300枚撮影。

     シャープな画像が記録できなかった場合の主要な原因はAF(自動焦点合わせ)

      がうまく機能しなかったため(走行中の焦点合わせが困難)。手動による

      焦点合わせも,焦点深度が浅いため使えない。

     広い草原など,広画角を超広角レンズ(10mm)で撮影したのは基本的に失敗。

      動物などが小さすぎて,よくわからない。通常の広角レンズでパノラマ写真と

      して複数枚に分けて撮影し,(Canon PhotoStitch などのソフトで)後から

      合成する方が良いことを学んだ。

 

 ・ドバイ空港  ナイロビからナクルまで

 ・ナクル湖国立公園 (1/24-5)(1泊)

   展望  フラミンゴ1  フラミンゴ2  シマウマなど    サイとバッファロー  その他

 ・マサイマラ国立公園 (1/25-27)(2泊)

   25日: ロッジ入口・キリン・ジャッカル  チーター・ハーテビスト・トビ・ホロホロ鳥

        ハイエナ・ライオン(雄)  ライオン(雌)

   26日: ロッジ内部・ワニ・ハゲコウ  カバ見物1  カバ見物2  ライオン(雌)

        ゾウ・カンムリ鶴  キリン  大草原展望1  大草原展望2

   27日: マサイマラからアンボセリへ

 ・アンボセリ国立公園 (1/27-29)(2泊)

   27日: アンボセリ到着

   28日: 朝焼け1  朝焼け2

     朝のサファリ  ヌー・キリマンジャロと象  ゾウ  鳥・イボイノシシ

       OL TUKAI ロッジにて1  ロッジにて2・キリマンジャロ山

     マサイ村訪問  歓迎  集落の内部  学校

     夕方のサファリ  蜃気楼  風景(ゾウとバッファロー)  高台からの展望  駝鳥など

       夕景と翌朝

   29日: ナイロビへ

 

  Canon Image Gateway への upload 内容