シリア・ヨルダン旅行 (その19)

2008.04.17

マアルーラ

写真をクリックすると拡大サイズとなります。

(拡大写真をクリックすると原寸大となります)

 

 キリストが生存していた頃の言語,アラム語がまだ使われているという,山間にあるキリスト教の村。

  

v6372                        v6374

 

v6376

 

  聖セルジウス修道院

  

入口 v6382                   v6384

 

中庭 v6383

内部の礼拝堂も見学したが,撮影禁止

 

  

v6397                      v6400

 

  

v6401                     v6409

 

  

    ここで昼食 v6407         アラビア文字による数字表現 v6412

 

  

壁にはめ込まれた刺草。水がなくとも生きている v6411

 

  車窓から (マアルーラ → ペトラの途中)

鉱石輸送用の鉄道 v6415

  

     巨大な送電線 v6416       ペトラ/イラクへの分岐点近く v6424

 

v6434

 

「シリア・ヨルダン旅行」の目次ページへ戻る