シリア・ヨルダン旅行 (その73)

2008.04.17〜24

ベドウィン

写真をクリックすると拡大サイズとなります。

(拡大写真をクリックすると原寸大となります)

 

 ベドウィンは遊牧民族として知られるが,最近では定住する人々も増加,土地の所有者に一定期間使用料を払い,そこで放牧生活するパターンが多くなったとの説明を受けた。車窓から捉えた姿を集めてみた。

 

  パルミラの近く

  

v6430                     v6485

 

v6486

 

  ボスラへの途中

v6634

 

  ボスラから国境(シリア/ヨルダン)への途中

  

v6759                     v6760

 

  

v6761                     v6770

 

  

v6785

 

  ネボ山から死海への途中

  

v7217                     v7218

 

  死海からウム・エル・ラッサスへの途中

  

v7287

 

  ウム・エル・ラッサスの近く(死海化粧品店への途中)

  

v7325                     v7326

 

  

v7328                     v7329

 

  

v7337

 

  ペトラからアンマンへの途中

  

v8173                     v8209

 

  

v8266                     v8328

 

「シリア・ヨルダン旅行」の目次ページへ戻る