西安旅行

2010.04.24

Cnon 5D2 & 24-102mm

写真クリックで拡大

大雁塔

 構内配置図

 慈恩寺内にある大雁塔は、652年、唐の高僧玄奘三蔵がインドから持ち帰った経典や仏像などを保存するために、高宗に申し出て建立した塔。慈恩寺は648年に高宗が亡くなった母を弔うために建立した寺。

 

駐車場付近(南)から vv2_0543

南山門(慈恩寺入口) vv2_0545

 

大慈恩寺 vv2_0546

前図の右側の門は上と同じと思われるが、獅子像がなぜ無いのか?

 

vv2_0552

 

vv2_0547

 

vv2_0550

 

鼓楼 vv2_0561-2

 

鐘楼 vv2_0563-4

 

大雄宝殿 vv2_0567

 

大雄宝殿の手前 vv2_0568

 

vv2_0570

 

vv2_0571

 

大雄宝殿をくぐり抜けて vv2_0574

 

vv2_0575

 

vv2_0576

 

vv2_0578

 

唐代から残る唯一の建物(西側から) vv2_0580

 

大雁塔入口(南側) vv2_0583

 

拓本 vv2_0584

 

次へ