九寨溝・黄龍 旅行 その16

2010.10.14

九寨溝→黄龍(2)

 

 川主寺( 昼食のところ)へ (車窓からの撮影)

vv2_3492

 

白菜の収穫 vv2_3505

 

vv2_3506

 

vv2_3509

 

vv2_3510

 

vv2_3513

 

ヤクの放牧 vv2_3522

 

vv2_3524

 

vv2_3525

 

下積みの野菜はどうなるのだろう? vv2_3526

 

ほのぼのとした集団作業 vv2_3528

 

どこに注目? vv2_3529

 

わき目もふらず、我が家へ vv2_3533

 

物思いしながら vv2_3535

 

空港の横を通って vv2_3536

 

 川主寺(センシュジ)

 四川大地震の復興中で、修復中の建物が多数

vv2_3548

 

vv2_3555

 

男の子も額に赤いしるし vv2_3551

 

編み物に集中 vv2_3552

 

昼食レストランの前で vv2_3550

干しトマト30元

 

タルチョは町の装飾のよう vv2_3556

 

冬支度の薪? vv2_3557

 

長征記念碑 vv2_3560

紅軍(共産党軍)が30万人の軍勢を整え、国民党軍(蒋介石)と

戦ったが、人数の大差に勝てず敗走(敗走とは言えないので「長征」

という)。夏姿の軍装のままで冬の4000mの雪宝頂峠も越えて行か

ざるはめに追い込まれた。最終的に、この地(川主寺)までたどり

ついたのはわずか数万人以下。ここで疲れを癒し反撃へと転じること

ができた記念の地として、共産党員は必ずこの地を巡礼しにくる。

 

vv2_3560a

 

vv2_3540

 

次へ