南イタリア・シチリア旅行

2011.09.07

写真をクリックすると拡大

 

タオルミーナ

 

 タオルミーナ〔Taormina〕は、メッシーナとカターニアの中間の海岸線にあり、タウロ山の中腹、標高約200mに細長く広がっている。周囲の眺めが抜群で、 世界的にも風光明媚なリゾート地として知られている(映画「グランブルー」でも有名)。町を北から南に横断するメインストリートのウンベルト通りは、北端のメッシーナ門から南端のカターニア端まで約800m、徒歩で十分観光できる。

 町なかの地図

 

メッシーナ門

町なかへの入口 vvv2_2516

 

vvv2_2517

 

メッシーナ門を入った付近 vvv2_2522

入って、すぐの道を左に曲がるとギリシャ劇場へ

 

ギリシャ劇場

 紀元前3世紀、タオルミーナの町で一番見晴らしの良い丘をくり貫いて造られた。ローマ時代の1世紀末〜3世紀に闘技場用に改造。直径が109mあり、シラク-サの劇場に次いでシチリアで2番目に大きい劇場。息を呑むように美しい眺めは世界一。

入口付近 vvv2_2530

 

劇場内へ vvv2_2536

 

オペラ上演のため会場設定中(興ざめ) vvv2_2540

 

舞台から上を見る vvv2_2546

 

vvv2_2547

 

舞台の方を向いて右側(南)の景色 vvv2_2550

 

少しガスがかかっている vvv2_2553

 

vvv2_2558

 

舞台の方を向いて左側(北)の景色(イソラベッラ付近) vvv2_2561

 

vvv2_2566

 

vvv2_2569

 

vvv2_2573

 

舞台の方を向いて右側の位置から vvv2_2575

 

vvv2_2577

 

  インターネット掲載写真の一例

  

 良い写真が撮れなかった理由

 1 オペラ会場の設営準備中で、機材が邪魔

 2 遠景がかすんでいた(午前中の方が良い)

 3 団体行動のため、もっと高いところまで行く時間的余裕がなかった

 

ウンベルト一世通り

メッシーナ門から4月9日広場までは土産物店通り vvv2_2583

 

4月9日広場

 ウンベルト通りの中間地点にある広場。広場の端からは、エトナ山や海が見える。観光客だけでなく、地元の人にも憩いの広場。広場には、展望台とカフェの他、現在は町の図書館になっている15世紀のサン・アゴスティーノ教会、エレガントなバロック様式の17世紀のサン・ジュセッペ教会、アラブ時代に建てられた時計台の塔がある。

vvv2_2615

 

海側の眺め vvv2_2586

 

4月9日広場の山側には教会 vvv2_2590

サン・ジュセッペ教会?

 

教会では結婚式が vvv2_2610

 

広場の横手 vvv2_2605

 

広場の近くで vvv2_2617

 

シチリアの飾り荷馬車

 メッシーナ門のすぐ近くのコルヴァイア宮右棟の一階、ツーリスト・インフォメーションの一隅に展示。

vvv2_2626

 

すばらしい飾り細工 vvv2_2627

 

ホテルでの朝(タオルミーナの近傍)(9月8日)

ホテル玄関付近からのエトナ山 vvv2_2647

 

ホテルの横からすぐの海岸で vvv2_2653