エジプト再訪 (その4)

2012.12.17-18

写真クリックで拡大

ルクソール神殿

昼間に見たルクソール神殿(バス車窓から)

中央が第一中庭、奥にモスク、右が大列柱廊 V305113

塔門のすぐ右手前がハトシェプスト女王の小祠堂跡

 

右が大列柱廊 V304762

第二中庭 V305116

左端が大列柱廊

 

中央が列柱室 V304765

 

左端が列柱室、中央が広間付近 V304766

 

聖船安置所〜至聖所 V304767

 

至聖所 V305120

 

至聖所の裏側 V305121

 

ライトアップされたルクソール神殿

ネクタネポ一世のスフィンクス参道 V304856

第一塔門の向かい側(北)に位置する

 

第一塔門前 pm.6:08 V304848

 

V304857

 

ラムセス二世建立のオベリスク V304860

 

塔門前左にあるラムセス二世?の像 V304863

 

入口にある二体はいずれもラムセス二世の像 V304977

 

第一中庭。中央奥が大列柱廊 V304898

 

第一中庭の左側(東) V304892

 

V304897

 

V304965a

 

大列柱廊入口付近 V304906

柱頭は開花式パピルス。アメンヘテプ三世が寄進

 

セマァタウイの儀式を表すレリーフ V304963

上エジプトの象徴:ハスの花と、下エジプトの象徴:パピルス

を中央で結んでいる。上下エジプトの統合支配を意味する

 

捕虜(奴隷)の図 V304903

頭部の描き方が民族により異なる

 

ヌビア人の奴隷 V304960

 

シリア人? V304959

 

ツタンカーメンと王妃の座像 V304908

 

王妃が肩に手を当てて陸奥ましさを表現 V304957

 

第二中庭 V304920

左半分が列柱室の光景 V304921

 

列柱室の奥に広場が見える V304926

 

第二中庭から大列柱廊を振り返る V304949

 

列柱室の上部 V304930

 

至聖所 V304937

 

レリーフの一部分 V304940

 

V304941

 

V304983