エジプト再訪 (その10)

2012.12.21

写真クリックで拡大

ガーマ・ムハマンド・アリ(モハメッド・アリ・モスク)

 

 シタデルの一角に位置し、1857年にムハマンド・アリが完成させた。イスタンブールのモスクを真似て造られ、ドームやミナレットにオスマン朝様式の影響が見られる。

 ムハマンド・アリはエジプトの近代化に大きな貢献をした英雄。オスマン朝から総督としてエジプトに派遣された。その後、ムハマンド・アリ朝を樹立。

 シタデルとは、十字軍を打ち破ったアラブの英雄、サラディンが1176年に、ムカッタの丘(麓は墓地)の一角に構築した城塞。政治の中枢となっていた。

遠景 pm.1:04 v2_39544

 

シタデル城塞に到着 pm.2:30 v2_39555

(この内部にモハメッド・アリ・モスクが含まれる)

 

城塞の入口付近からモスクが見えた pm.2:30 v2_39558

 

pm.2:30 v2_39559

 

城塞の中に入って pm.2:31 v2_39564

 

女性が写真を撮られるのも問題無いようだ pm.2:33 v2_39569

 

pm.2:36 v2_39574

 

配置がよくわからないが、モスクまで迂回が必要 pm.2:36 v2_39576

 

格子模様の記録 pm.2:39 v2_39582

 

城塞の中にあるという実感 pm.2:39 v2_39583

 

pm.2:39 v2_39584

 

中庭と回廊 pm.2:42 v2_39592

 

pm.2:41 v2_39589

 

pm.2:42 v2_39595

 

清めの場 pm.2:43 v2_39597

 

礼拝の前に手、口、足を清める v2_39603_5

 

回廊 pm.2:39 v2_39585

 

v2_39591

 

構内は土足禁止 pm.2:45 v2_39606

 

礼拝堂内部。広い! pm.2:50 v2_39615

 

ミフラブ(メッカの方向を示すくぼみ) v2_39621

 

pm.2:54 v2_39624

 

天井の曲線美がすばらしい v2_39625

 

v2_39626

 

pm.2:59 v2_39627

 

pm.3:02 v2_39629

 

庭(高台)からの眺め pm.3:04 v2_39631

西南方向、ギザのピラミッドが見える。

 

西方向? pm.3:06 v2_39633

 

帰路、振り返って pm.3:08 v2_39634

 

pm.3:15 v2_39638

 

南方向? pm.3:15 v2_39639