モロッコ旅行 2012.02

写真クリックにより拡大

イスラム建築 その1

王宮前

ラバト

 現国王、ムハマンド6世と家族が住んでいる。1964年に建立。

王宮前広場遠望 vv2_7029

 

大樹(名前?)の並木 vv2_7032

 

衛兵のいる王宮正面入口 vv2_7042

 

vv2_7045

 

上の写真と比べ、異なる方向でも敷石タイルが同じ模様に見える vv2_7047

 

モロッコの国旗 vv2_7054

 

広場に置かれた古い大砲(数台あり) vv2_7049

 

王宮の対面にあるアルファ・モスク vv2_7034

金曜日に国王が礼拝に訪れることがある。

 

モスクの正面回廊に設けられた祈祷のスペース vv2_7057

(モスク内に入らずに祈祷するときに使用)

フェズ

 当初はスルタンの居城であった。現在は国王がフェズに滞在するときに使われる。

王宮前広場(広角位置なので王宮が遠く見える) v2_27450

 

v2_27446

 

v2_27452

 

v2_274457

 

精細な細工 am.9:30頃 v2_27472

 

v2_27460

 

v2_27468

 

v2_27466

 

壁面のモザイク・タイル v2_27467

拡大すると、モザイク片の間に隙間のあることが分る

 

霊廟

ムーレイ・アリ・シェリーフの霊廟 (リッサニ)

 ムーレイ・アリ・シェリーフは現国王の王朝、アラウィー朝の初代国王にあたり、リッサニ出身とされる。イスラム教徒のみ入場可になっているが、特別に一部分を拝観できた。

am.11:55頃 vv6089

 

vv6091

 

vv6090

 

v2_28702

 

中庭を取り囲む回廊 vv6093

 

vv6095

 

vv6096

 

vv6100

 

中庭にナツメヤシ vv6098

 

v2_28705

 

pm.0:07頃 v2_28708

 

次へ