モロッコ旅行 2012.02

写真クリックにより拡大

イスラム建築 その2

霊廟

ムハンマド5世の霊廟 (ラバト)

 ムハンマド(モハメッド)5世は1956年にフランスからの独立を勝ち取った。1961年に没後、その霊廟は1973年に完成。廟の壁や柱に大理石が使われているが、これらの大理石はイタリア産で、同じ重さの砂糖と交換されたものだといわれる。

vv2_7077

 

騎馬衛兵(2人が重なっている) vv2_7075

 

建物前の飾り物(何と呼ぶのか?) vv2_7080

 

正面 vv2_7085

 

霊廟の中央入口に立つ衛兵 vv2_7087

 

見事な天蓋 vv2_7092

 

2階の回廊から階下を見ることができる vv2_7093

壁面の装飾が見事

 

1階に安置されたムハンマド5世の棺 vv2_7097

 

vv2_7094

 

コーランの読経 vv2_7098

ムービー コーランの読経  27秒 (33MB)

(右クリックして、ファイルをダウンロード)

 

ムハンマド5世霊廟に隣接するモスク vv2_7132

 

イスラム教徒が中へ vv2_7130

 

ムーレイ・イスマエル廟 (メクネス)

 ムーレイ・イスマエルはアラーウィ朝の首都をメクネスに置いた国王。王都建設の完成途上で他界。この廟はイスラム文化最高傑作の一つ。壁から天井にかけてのモザイクや漆喰彫刻がすばらしい。

入口付近 v2_28059

 

入口の前で踊りながら儀式を v2_28066

 

vv5927

ムービー 募金の呼びかけ 31秒 (37MB)

(右クリックして、ファイルをダウンロード)

 

入口 vv5925

 

am.10:58頃 v2_28070

 

美しい天井の模様 v2_28071

 

上の写真の部分拡大 v2_28073

 

中庭 v2_28076

 

v2_28077

 

日時計 v2_28085

 

v2_28086

 

v2_28089

 

v2_28093

 

v2_28091

 

遺体安置室 v2_28097

 

この3つの図柄は記憶しておくようにと v2_28102

 

v2_28104

 

v2_28099

 

v2_28108

 

元の中庭へ出る v2_28109

 

廟の外へ am.11:15頃 v2_28115

 

次へ