モロッコ旅行 2012.02

写真クリックにより拡大

イスラム建築 その4

モスク・ミナレット

ハッサンの塔 (ラバト)

 ムワヒド朝の建築家ヤーコブ・マンスールが、塔建設中の1199年に亡くなったため未完のまま残るムーア様式のミナレット。予定の半分の高さ(44m)でも世界最大級の高さを誇る歴史的記念碑。円柱でなく四角柱型のミナレットはマグレブイスラム諸国の標準様式らしい。

ホテルの東南方向からの眺め vv2_6990

 

ムハンマド5世霊廟の方向からの展望 vv2_7101

低い円柱の列は、1755年のリスボン大地震のとき崩壊したモスク跡

(360本もあるらしい)

 

vv2_7110

 

日の光が薄雲に遮られたとき(上図との比較) vv2_7114

塔の下部に広がっている白い帯は、多数の写真展示

 

vv2_7134

 

vv2_7106

 

飾り物の掃除風景 vv2_7109

 

ハッサンの塔と霊廟を囲む土塀の門にも衛兵がいる vv2_7120

一般の人々の出入りは自由のようだ

 

vv2_7139

 

クトゥビア (マラケシュ)  フナ広場周辺

 高さ77mのミナレット。ムーア建築様式の傑作。モロッコで2番目に高い(1位はカサブランカのハッサン2世モスクのもの)。ラバトの「ハッサンの塔」が完成していれば88m。マラケシュではクトゥビアより高い建築物は禁止されている。

メナラ通りを北東方向へ am.9:09頃 v2_29972

 

噴水のところがジェディド門 v2_29974

 

車を降りてからも同じ方向へ歩く vv6670

 

クトゥビア南面 vv6673

 

水売り v2_29981

 

南面 v2_29984

 

v2_29988

 

入口付近 vv6680

 

南面 vv6687

 

方向間違えで取り壊されたモスクの礎石部分 v2_29995

 

西ー南面 vv6692

 

v2_29998

 

西面 vv6694

 

北面 v2_30004

上の写真中央にあるゲートに対応(異なる位置から)

 

北面 v2_30005

 

広角レンズで vv6705

 

北ー西面 am.9:41頃 vv6699

 

北ー西面 v2_30006

 

北面 vv6700

 

東ー北面 am.9:44頃 vv6709

 

東面 vv6718

 

東面 v2_30020

 

am.9:51頃 vv6720

頂上にある3つの金の玉は、上から

ユダヤ教、キリスト教,イスラム教を示す。

金属の旗印はメッカの方向

 

馬車で pm.6:52頃 v2a_29983

 

次へ