モロッコ旅行 2012.02

写真クリックにより拡大

カスバ その3

 

アイト・ベン・ハッドウ 1 (ワルザザート)

 アイト・ベン・ハッドウはクサル(カスバの複合体)の一つである。特徴ある歴史的史跡ではないが、保存状態が良いため1987年に世界遺産として登録された。電気、水道などが無いため、現在ここで居住しているのは5家族となっている。

アイト・ベン・ハッドウ遠望 am.10:00頃 vv6487

 

vv6490

 

v2_29558

 

v2_29555

 

v2_29557

 

昨年(2011)架けられた橋 vv6502

 

v2_29567

 

v2_29570

 

v2_29571

 

v2_29572

 

vv6510

 

端を渡ってアイト・ベン・ハッドウの内部へ am.10:50頃 vv6515

 

v2_29578

 

am.10:52頃 v2_29585

 

vv6521

 

土産物店が並ぶ細い道路を進む vv6527

 

vv6529

 

vv6528

 

上の写真の反対側 vv6530

 

入口扉にある穴は? vv6534

猫の出入口(この高さでは蛇が入れない)

 

彫刻のある扉 vv6535

 

葦葺きの天井 vv6536

 

通気口?(音による連絡のため?) vv6537

 

建物を貫通する通路 vv6539

 

v2_29593

 

狭い通路を巡りながら少しずつ登っていく vv6541

 

vv6546

 

次へ