ミラノ・ウィーン音楽旅行

2013.02

ウィーン:美術史美術館の絵画 その1

写真クリックにより拡大

 

ブリューゲル

 http://ja.wikipedia.org/wiki/ によると、ピーテル・ブリューゲル(Pieter Bruegel de Oude)は、16世紀のブラバント公国 (現在のベルギー)の画家。, 1525/30年 生まれ、1569年9月9日没。 同名の長男と区別するため「ブリューゲル(父、または老)」と表記されることが多い。ヤン・ブリューゲル (父)はピーテル・ブリューゲルの子供(二男)で、ヤン・ブリューゲルの子供にも同名の人がいる。

 1563年にはアントウェルペンからブリュッセルへ移り、結婚するが1569年に幼い息子2人(後に画家となる)を残し、30代末〜40代前半で没した。

 ブリューゲルの作品は、驚くほど細かい細部まで丹念に描きこまれ、歴史資料、風俗史資料としても貴重な、多くの視覚情報を含んでいる。

 以前は、農民を「無学で愚かな者」の象徴として描写しているとの説に基づき、絵の中にキリスト教的な寓意を読み取ろうとする見方が多かった。これに対し、農作業に向かう娘たちの初々しい表情や、結婚式に集まる人々の歓喜の様子といった、彼らの生活の隅々にまで入り込み、「人間」としての農民たちの生き生きとして細を極める描写は、農民たちの側に立って、その心の奥まで知り尽くした者でなければ到底描け得ないものであり、こういった画一的な見方は当てはまらないという見解も生まれている。

 

謝肉祭と四旬節の間の争い(The Fight between Carnival and Lent) 1559 V307964

風刺的寓意画として知られる本作は、主イエスの死からの復活を記念する

祝日:復活祭(イースター)に先立つ40日間の四旬節(レント)と、

四旬節に先立ち(一週間から数週間)肉食など禁則の終焉を表明する

謝肉祭(カーニバル)を題材に人間の利己と愚考に満ちた姿を描いた作品で、

カトリック(四旬節)とプロテスタント(謝肉祭)の対立を表現したものと

解釈されている。

(レントとは、受難者イエスの死を偲び、肉食など食事の節制と祝宴を自粛

する修養期間)

画面下部中央に描かれる、樽にまたがり豚の頭や肉の串焼きを手にする男は

謝肉祭(カーニバル)の擬人像であり、二匹の鮫を乗せたしゃもじを手に

樽の男と対峙する痩せた老婆は四旬節(レント)の擬人像とされる。

中央から左を謝肉祭(カーニバル)、右を四旬節(レント)とし、それぞれに

関連する様々な行事・行為(200種類以上)が描かれている。

 

子供の遊戯 (Children's Games) 1560年頃 V307965

 

サウルの自害 1562 V307590

サムエル記9-31。ペリシテ軍の軍勢が、ギルボア山で

イスラエルの軍を打ち破りつつある場面

 

バベルの塔 (The Towar of Babel) 1563 V307968

 

十字架を担うキリスト 1564 V307587

ブリューゲルによって描かれた最も大きな絵画

 

牛群の帰り (The Return of the Herd) 1565 V307570

 

暗い日 (The Gloomy Day) 1565 V307571

 

雪中の狩人(The Hunters in the Snow)1565 V307962

代表作とされる『雪中の狩人』の風景には、イタリアへの往復で

目にしたアルプスの風景が反映されているという考察がある

 

鳥罠のある風景 1565 V307579

 

ベツレヘムの嬰児殺し 1567年頃 V307961

 

聖パウロの改宗(回心) 1567 V307585

 

農民の婚宴(The Peasant Wedding) 1568 V307969

(農家の婚礼)

 

農民の踊り (The Peasant Dance) 1568年頃 V307564

 

農民と鳥の巣取り(The Peasant and the Birdnester) 1568 V307589

一見のどかな農村風景を描いたこの絵は、ネーデルラントの諺、

「鳥の巣がどこにあるかを知っているものは知識を持つが、

それを取るものは巣を持つ」を形象化したのだと解釈されている

 

森の風景 1605−1610年頃 V307604

ヤン・ブリューゲル作(ピーテル・ブリューゲルの二男)。

 

フェルメール

絵画芸術 1667 V307958

 

ジュゼッペ・アルチンボルド Giuseppe Arcimboldo

夏(Summer) 1563 V307978

四季シリーズの1枚。四季シリーズはいくつかのバージョンがあり、

この美術史美術館のものが最古のもの。

1573年製作の4枚組(春、夏、秋、冬)はルーブル美術館に揃っている。

 

冬(Winter) 1563 V307981

四季シリーズの1枚

 

水 1566 V307980

四大元素シリーズの1枚

 

火 V307979

四大元素シリーズの1枚。残りの2枚:地、風 は個人蔵らしい

 

ディエゴ・ベラスケス

王子バルタザール・カルロス 1640頃 V307983

 

薔薇色の衣裳のマルガリータ王女 1653/54年頃 V307986

 

青いドレスのマルガリータ王女 V307984

 

白いドレスのマルガリータ王女 1656年頃 V307985

 

フェリペ・プロスペロ皇太子(弟) V307987

 

V307989

 

次へ