スペイン旅行 2013

2013.06.04

写真クリックで拡大

コルドバ その1

 

 アンダルシア地方の地図   ローマ橋周辺の地図(航空写真)

 

グラナダからコルドバへ

 バス車中より

V3_11281

 

V3_11291

 

廃墟 V3_11293

 

教会のある風景 V3_11301

 

V3_11326

 

ひまわりが少し見える V3_11336

(実際には、バスが高速で走っているので、

このように鮮明には判別できなかった)

 

ひまわり V3_11344

 

ジャカランタの花が美しい(コルドバ市内) V3_11351

 

V3_11352

 

V3_11354

 

ローマ橋

 グアダルキビール川にかかる橋の1つでローマ時代に築かれた。地図では「バハーダ・デル・プエンテ橋」と記されている。2000年もの間コルドバの歴史を見守り続けてきたが、戦争や暴動の度に壊され、また改修されるというパターンを繰り返してきた。

 橋の中央に、コルドバの守護天使サン・ラファエル(SAN RAFAEL)の像がある。

 イスラム時代に要塞として建てた塔がメスキータからの対岸(グアダルキビール左岸)にあり、通称ラ・カラオラ(La Calahorra)と呼ばれている。内部はコルドバ市の歴史博物館。

 

メスキータ遠望 V3_11369

 

ローマ橋の後にメスキータ V3_11371

(地図A点付近)

 

川の左岸から眺めている V3_11370

 

カラオラの塔 V3_11363

 

ローマ橋とメスキータ V3_11364

 

ローマ橋 V3_11372

(地図B点付近)

 

V3_11374

 

カラオラの塔(上の写真の右手) V3_11376

 

橋を通り過ぎて V3_11379

(地図C点付近)

 

ローマ橋の中程から下流を眺める V3_11388

(地図D点付近)

 

V3_11381

 

V3_11382

 

V3_11383

 

コルドバの守護天使サン・ラファエル V3_11389

ローマ橋の中央にある。足下にある赤いものは、

地元の人たちが供えるロウソク。絶えず火が灯っている

(地図D点付近)

 

V3_11390

 

V3_11391

 

次へ