スペイン旅行 2013

2013.06.05

写真クリックで拡大

ロンダ その1

 アンダルシア地方地図

 

 ロンダは紀元前から人々の営みがあり、ヨーロッパでの諸民族の興亡に巻き込まれながら盛衰を繰り返してきた。

 750メートルの断崖の上にそびえ立つ町、グアダレビン川によってえぐられた渓谷が町を分断、18世紀に架けられたプエンテ・ヌエボにより、2つの地域が連結され、雄大な景勝を楽しめる場所として知られている。近代闘牛の発祥の地としても有名である。

 ロンダ航空写真(撮影位置記号を含む)

 

ロンダ市内へ

市内へ入る V2_40969

 

新橋(ブエンテ・ヌエボ)の手前 V3_12007

右手がパラドール(J地点付近)

ここでバスはUターンすべきだったのが....

 

そのまま新橋を渡った V3_12010

 

V3_12012

 

 道路の道幅が急に狭くなり、対向車が通れず、大混乱。引き返すことはできず、罵声が飛び交う中、高台から下まで下り、元の場所に戻るのに30分以上かかった。そのお陰で、予定外の場所を見ることができた。

 

おまけの景色

タイルで作られた絵 V3_12013

 

これもタイル製 V3_12016

 

V3_12020

 

古城 V3_12022

 

V3_12023

 

V3_12028

 

観覧席のある競技場 V3_12031

 

V3_12037

 

新橋(ブエンテ・ヌエボ)付近からの景色1

元の場所に戻った(K地点から) V3_12039

 

(K地点から南方向) V3_12041

 

V3_12042

 

パラドール(M地点から西方向) V3_12044

パラドールとはスペイン国営ホテル・チェーンの名前

ここはロンダ・パラドール(又はパラドール・ロンダ?)

 

旧市街の方向(M地点から東方向)  V3_12045

崖の上にパラドールが(M地点から西南方向) V3_12046

 

次へ