スペイン旅行 2013

2013.06.06

写真クリックで拡大

ミハス

 アンダルシア地方地図

 

セビリアからミハスヘ

V3_12311

 

V3_12328

 

観光客の姿 V3_12326

 

V3_12330

 

ミハス

 コスタ・デル・ソル(太陽海岸)を見下ろす標高428mにあって、人口約35,000人。白壁とレンガ色の屋根という典型的なアンダルシアの家々が建ち並び、白い村ミハスとして知られている。

 壁を白く塗るのは景観のためではなく、強烈な太陽の日差しを反射させて暑さをしのぐ工夫(毎年一回壁を塗り直す家も多い)。路地が狭いのも日差しが差し込むのを避けるため。

 

 ミハス案内図(撮影位置記号を含む)

 

V3_12332

 

サンセバスチャン教会(A地点) V3_12342

昼食レストランの向かいにあった。

 

上の写真の左側 V3_12340

 

上の写真の部分拡大 V3_12346

 

少し進んでから振り返る V3_12464

 

庶民的な食堂 V3_12350

 

坂になっている路地の典型的な風景 V3_12352

 

V3_12354

 

歩道と車道が分離されている V3_12355

 

V3_12356

 

現地ガイドがお気に入りの道 V3_12357

 

V3_12363

 

V3_12362

 

展望台のほうへ移動開始(B地点付近) V3_12367

右に分岐する道がある

 

上の写真から少し進んだところ V3_12434

 

右に分岐した道は下り坂 V3_12375

 

屋上に太陽光発電パネル V3_12379

 

C地点付近(北方向を見る) V3_12380

 

V3_12426

 

INMACULADA教会(E地点付近) V3_12386

 

展望台からの景色の説明 V3_12391

 

南東方向を見る V3_12393

 

南方向を見る V3_12408

 

広場(展望台からの戻り) V3_12398

 

V3_12419

 

V3_12430

 

V3_12439

 

この道は歩行者専用 V3_12444

 

V3_12448

 

入口付近の洒落た装飾 V3_12452

 

V3_12454

 

V3_12455

 

V3_12462

 

凹凸があって、車も大変 V3_12463