プラハ・ドレスデン・ベルリン クリスマスの旅 その13

2014.12.08-16

写真クリックにより拡大

ストラホフ修道院 その1

 ストラホフ修道院map

 

ストラホフ修道院

 ストラホフ修道院は、チェコ最古(1142年創立)のプレモンストラー派(男性派)修道院で、フラドチャニ区、ペトジーン丘のそばにある。プレモンストラー派は知識や勉学を重視し、大きな図書館が残された。現在は民族文学博物館として利用されている。

 図書館は神学と哲学ホールに分かれ、神学ホールは1679年、哲学ホールは1797年にバロック様式で建てられた。哲学ホールには数十万冊の書物が所蔵され、神学ホールは美しい天井のフレスコ画が有名である。

 

バスを降りて。中央の巨大な構築物?が目を引く DE_07882

 

DE_07881

 

ストラホフ修道院入口(地点81) DE_07884

 

DE_07880

 

DE_07883

 

DE_07886

 

(地点82) DE_07889

 

左が図書館・哲学の間(地点83から) DE_07890

 

入口(地点84) DE_07892

一般観光客はここではなく、(地点90)から入る

 

(地点85) DE_07893

 

神学の間

 「神学の間」の名前の由来は、多くの言語のさまざまな版の聖書を所蔵していることから。図書館につきものの地球儀・天球儀も展示。(地点87)

 ここで、ミニ・コンサートの演奏があった。

 

南から北方向を見たところ 7s_01053

奥の入口で観光客が覗いている。

 

上図から少し前に移動 7s_01057

 

上図の左側(西方向) 7s_01058

 

ミニコンサートの奏者 7s_01061

 

  ミニコンサートの演奏1  220 MB

  ミニコンサートの演奏2  190 MB

  (MP4ファイル。右クリックによりダウンロードして、再生を)

 

さらに左側(ほぼ南を向いて) 7s_01059

左端が我々の入ってきた入口。

 

南入口の上部 7s_01087

 

7s_01062

 

7s_01089

 

7s_01088

 

7s_01093

 

7s_01078

 

7s_01068

 

7s_01054

 

背表紙が崩れそうな本 7s_01069

 

7s_01071

 

7s_01086

 

白い表紙は、暗い照明でも識別し易いためとか 7s_01076

 

北の入口 7s_01070

 

北の入口から南を向いて 7s_01073

神父の像?

 

左側、書見台 7s_01072

 

北の入口から南方向を見る 7s_01074

 

種々の地球儀 7s_01077

 

7s_01080

 

7s_01094

 

7s_01081

 

7s_01096

 

7s_01097

 

ステンドグラスのような窓の絵模様 7s_01082

絵模様に関心があれば、拡大写真を。

 

7s_01083

 

7s_01084

 

7s_01085

 

神学ホール、北の入口から 7s_01124

演奏会での配置変更を、元へ戻したところ。

 

次へ