プラハ・ドレスデン・ベルリン クリスマスの旅 その26

2014.12.08-16

写真クリックにより拡大

 

ベルリン その2

 

 ベルリンmap (記号は、以下の説明で、地点を示すために使用)

 

Topography of Terror

 ナチズムの台頭から崩壊までを記した博物館。現在の展示は2010年から公開されている。(地点K)

 博物館は2つの部分から構成されている。1つは「ベルリンの壁」の遺構、もう一つは、ナチズムの台頭から崩壊までの全容を、多くの写真と簡潔な説明で展示している建物である。

 (Topographyという言葉には、「地形」「地勢」「機構の全体的様相」というような意味がある。)

 次のようなサイトを参照した。

http://en.wikipedia.org/wiki/Topography_of_Terror

http://www.visitberlin.de/en/spot/topography-of-terror

http://www.virtualtourist.com/travel/Europe/Germany/Land_Berlin/Berlin-75302/Things_To_Do-Berlin-Topography_of_Terror-BR-1.html

 

Chilling Museum by roamer61 Written Jun 3, 2013

The Topography of Terror is a chilling museum that presents in detail, the story of the rise and eventual fall of the National Socialist Party. Better known to the world as the Nazis. The museum is in 2 parts. The first part is outdoors, and describes the series of events from the very beginnings in the 1920s through 1933 when Hitler took power. The second part is inside and details the history of the Nazi State, from 1933 to 1945.

The museum building was erected on the site of the former headquarters of the SS and the Gestapo. Mush is told of the history of these 2 feared organizations. Their leaders are a virtual who's who. Heinrich Himmler, Reinhard Heydrich, Adolf Eichmann, etc. Names that are synonymous with Nazi Terror and the Holocaust.

 

[ベルリンの壁 遺構]

 ベルリンの壁は、冷戦のさなか、1961年8月13日にドイツ民主共和国政府によって建設された、西ベルリンを包囲する壁である。

 1989年11月10日に破壊され、1990年10月3日に東西ドイツが再統一されるまで、この壁がドイツ分断や冷戦の象徴となった。

 地図

 

中央にある帯が、ベルリンの壁の跡 DE_08381

奥に、topography-of-terror の場所が見える。

帯の左側が東ベルリン、右が西ベルリンに所属していた。

 

DE_08382

 

DE_08383

 

topography-of-terror の入口付近 DE_08384

中央の壁が遺構。右が西ドイツ側。

 

DE_08385

 

DE_08386

 

壁の地下部分が東ドイツ秘密警察の構築物 DE_08388

ベルリンの壁崩壊後に発見された。

 

警察官の潜伏、取り調べなどに使用されたという DE_08389

 

何も知らない無邪気な子供 DE_08401

 

壁の落書き DE_08390

壁は東側からは幅100mの無人地帯のため立ち入ることが

できなかったが、西側からは接近することができたため、

壁の西側では壁の建設をなじり撤去を求める政治的な落書きが

出現するようになった。やがてさまざまなメッセージや色鮮やかな

ストリートアートが壁の西側を彩ることになった。

DE_08402

 

DE_08398

 

DE_08400

 

 壁のムービー (36MB) 右クリックでダウンロードしてから再生

 

 

[写真展示館]その1

 ガイドの説明はあったが、聞きづらく、時間も限られていたので、多くの写真を記録することを優先させた。しかし、展示の全体構成がわからず、説明部分が欠落した写真も多数あり、掲載は展示構成の意図に沿った順序にはなっていない。展示はソビエト、ハンガリーなど地域別になっていたようであるが、ここでは年代順に配置した。

 (撮影条件:1/250、f4、ISO auto (800-32000)、手持ち撮影)

 拡大写真は、文字が読めるように、リサイズしていないので、各々 500KB~1MB 程度の容量になっている。

 

DE_08396

 

入口付近 7s_01741

 

1933 反対者の逮捕 7s_01742

 

1933 7s_01743

 

1933 7s_01744

 

1933 7s_01746

 

1933 7s_01747

 

1935 7s_01749

 

1936 手を挙げない人 7s_01748

 

1938 ユダヤ人逮捕者は平服姿だが、頭は丸刈り 7s_01751

 

1939 7s_01769

 

1939  7s_01770

 

次へ