イースター島 その3

2014.02

写真クリックで拡大

 

イースター島博物館 その1

 博物館の位置 (地図   航空写真

 

入口近く(敷地内) DE_01998

 

DE_01999

 

入口 DE_02001

 

入口の傍にあるモアイ像 DE_02002

 

MOAI KAVA KAVA ? DE_02004

 

DE_02072

 

DE_02071

 

博物館の創始者 神父セバスチャン・エングラート DE_02066

 

 拡大写真のページ内を再度クリックして、画面を再拡大すると、パネルの説明文字が判読できる。

 

展示構成の基盤は科学的知見 DE_02006

足りない部分は想像力で

 

ポリネシア諸島の形成 DE_02007

太平洋プレートの継続的移動と火山活動

  

噴火によるイースター島の形成過程 DE_02065

300万年前は POIKEのみ

  

カヌーで結ばれた広大な海域 DE_02008

 

航海を可能にしたもの DE_02010

目印となった星空、島の存在の予兆、海流など

 

世界最高水準の舟を所有 DE_02009

3種類のカヌーを使い分け。カヌー建造は宗教的儀式

 

Hotu Matu'a 王の上陸から始まった歴史 DE_02011

(9~13世紀)

3つの時代区分ができる

1 集落の形成時代                     

2 AHUモアイの時代(最盛期)              

3 Huriモアイの時代。モアイ戦争と鳥人信仰の台頭

 

Rapa Nui(イースター島)の植物 DE_02014

在来種と外来種

 

農業。Mana Vaiが特徴 DE_02035

(遮風のため周囲を壁で囲む方法)

 

漁業。海岸沿いと外海(規制あり) DE_02034

 

釣り具の種類 DE_02057-8

 

Rapa Nui の社会組織 DE_02018

各社会的機能(王、神官、村長など)に付けられた名称

 

モアイの重要性 DE_02033

祖先の崇拝、権力・地位の象徴、テリトリーの宣言など

 

3種類のAHU(モアイの台座) DE_02056

 

宗教 DE_02061

MAKE-MAKEは人間性を生み出す神

 

MANA と TAPU(霊力とタブー) DE_02060

 

TANGATA-MANU(鳥人信仰) DE_02052

 

TANGATA-MANUの儀式(選出のプロセス) DE_02053

 

岩の彫刻 DE_02040

描いている内容が重要

(女性、鳥人、MAKE-MAKEの顔など)

 

衣服 DE_02039

防寒、防熱より装飾機能の比重大

 

皮膚の装飾 DE_02041

 

MOAI Kava-Kava(モアイ彫刻?) DE_02064

 

MOAI Kava-Kava DE_02012

 

DE_02013

 

MOAI Kava-Kava DE_02015

 

DE_02016

 

DE_02017

 

次へ