イースター島 その14

2014.02

写真クリックで拡大

 モアイの分布地図

 

アナケナ・ビーチ

 

 島で最も大きな白砂のビーチ。5世紀に伝説のホツマツア王が上陸した場所とされる。海を見おろす小高い丘の上に、復元(1956年)されたホツマツア王の像といわれるモアイが立っている。1960年にタヒチから植林された椰子の林がある。

 このビーチにある、アフ・ナウナウのモアイは1978年に復元されたが、砂の中に埋もれていたため保存状態が良い。耳や手がはっきり残り、背中の模様や褌の紐も鮮明。「プカオ」を被っているモアイが4体もあるのはここだけ。

 ほぼ完全な形で現存する唯一の白珊瑚が埋め込まれたモアイの眼がここで見つかり、イースター島博物館に展示されている。

 

タヒチから植林された椰子の林 DE_01758

 

DE_01760

 

アフ・ナウナウ DE_01761

 

DE_01762

 

V3_15313

 

V3_15316

 

V3_15319

 

V3_15320

 

V3_15321

 

V3_15322

 

V3_15324

 

ホツマツア王の像 V3_15325

 

V3_15327

 

V3_15341

 

DE_01763

 

アナケナ・ビーチ DE_01764

 

DE_01766

 

DE_01767

 

V3_15333

 

V3_15334

 

V3_15336

 

V3_15337

 

V3_15331

 

V3_15338

 

V3_15339

 

V3_15340

 

V3_15342

 

小さなパイナップル V3_15344

1個$3~5。甘い

 

みやげの出店 V3_15346

 

V3_15345

 

V3_15347

 

V3_15349

 

V3_15348