ウユニ塩湖 ツアー (その12)

2014.02.24

写真クリックで拡大

スクレ (その3)

 

ラ・レコレータ修道院 (その2)

 

2階へ上がって DE_02754

 

左の壁の向こう側が礼拝堂 DE_02755

 

DE_02756

 

DE_02758

 

礼拝堂 DE_02759

 

DE_02765

 

聖歌隊席(2階) DE_02762

 

日本26聖人の像 DE_02764

 

素材はセドロの木 DE_02768

 

V3_15710

 

聖書(スペイン語) DE_02769

 

礼拝堂の天井部分 DE_02767

 

階下へ DE_02772

 

風通し窓のある物置? DE_02773

 

扉の形状が多様 DE_02774

 

DE_02775

 

3階部分がある DE_02777

 

DE_02778

 

DE_02779

 

オレンジの木の中庭への出口 DE_02781

(見物後はまたここへ戻る)

 

郷愁をそそる屋根の連なり DE_02783

(背後に近代建築がなければ良いのに)

 

DE_02784

 

オレンジの木の中庭 DE_02790

 

中庭付近からの展望(東方向?) DE_02786

 

上の写真の右側 DE_02785

 

左にセドロの老木がある DE_02787

推定位置を航空写真の中に記した。

 

セドロの木 DE_02792

セドロ(Spanish cedar)は、センダン科で

高級家具材で有名なマホガニーの一種。

この木はインディオの崇拝の対象となっており、

豊穣の神とみなされていた。

炭素14を用いた年代測定調査によると、この木は

樹齢1400年~1600年。

この木が重要なのは、この地が、かつては広大な森林

だったことを示す唯一の痕跡であるから。植民地時代には、

この地域は、セドロの木で満ちていたと考えられている。

 

DE_02788

 

DE_02789

 

DE_02793

 

戻る DE_02797

 

執務室? DE_02798

 

DE_02799

 

次へ

目次へ