大雪山の紅葉 その6

2015.09.22-25

写真クリックで拡大

銀泉台

 銀泉台は東岳への登山道の途中にある。一人づつすれ違いができる程度の細い登り道の右手に、100mほど展望が開けた場所があり、そこから紅葉を楽しむことができる。最盛期にはひどい混雑になると思われる。

 ここも赤い紅葉は終わっていた。

 周辺地図

 

DE_13926

 

DE_13919

 

DE_13917

 

DE_13921

 

DE_13940

 

DE_13907

 

DE_13916

 

DE_13935

 

DE_13927

 

DE_13939

 

 

廃線となった古い橋脚 DE_14013

 

DE_14011

 

 

然別湖

 周辺地図

 

DE_14092

 

DE_14022

 

唇山 DE_14093

 

同じ対象でも、撮影位置、時間帯などの相違により、撮影結果の印象が大きく変化する例(下の4枚)

DE_14089

 

DE_14026

 

DE_14030

 

DE_14032

 

カヤックに乗って東雲湖へ

DE_14036

 

カヤックの乗り方を説明 DE_14038

 

カヤックに乗って DE_14041

 

DE_14042

 

対岸へ DE_14043

 

 然別湖畔を出発して、対岸に到着まで30分あまり、そこから東雲湖まで、約 2km を歩く。

 

東雲湖

 東雲湖は、北海道三大秘湖(他に、支笏湖近くのオコタンペ湖、阿寒のオンネトー)の1つとなっている。三大秘湖の中では唯一、直接の連絡道路がない。

 湖に繋がる河川が無く、枯れたヨシが湖底に堆積し続けており、結果として水位が下がり続けている。今後、比較的短期間に消滅する可能性がある。

 展望地付近のガレ場はナキウサギの生息地になっており、岩場の穴を巣としている。時折甲高い鳴き声を響かせる。湖にはエゾサンショウウオが生息する。

 

東雲湖の展望地付近 DE_14074

 

端正で、すがすがしい雰囲気が感じられる DE_14048

 

DE_14050

 

時々、チチチという鳴きウサギの声が聞こえる DE_14056

 

DE_14057

 

DE_14075

 

DE_14080

 

DE_14064

 

東雲湖から出発点へ DE_14086