アイスランド旅行 (その1)

2015.01.18-27

写真クリックで拡大

 

ブルー・ラグーン

 地熱を利用した巨大な温水池。地下2000mから熱水をくみ上げているとのこと。熱水に含まれる白い沈殿物は美容効果がある「泥パック」として販売されている。(観光地点E)

 

車の発着場所。ここから徒歩数分で施設入口へ DE_08630

 

DE_08552

 

DE_08553

 

DE_08603

 

見取り図 DE_08599

 

DE_08621

 

温水からの湯気 DE_08586

 

DE_08565

 

DE_08596

 

DE_08569

 

DE_08585

 

泥パックとなる白い沈殿物 DE_08588

 

DE_08625

 

Northern Light Inn

 ブルーラグーンから車で数分の距離にある宿泊ホテル。地熱発電所に隣接している。ホテルの名前は「オーロラが見える」という意味から。

 

全景。背後が地熱発電所 7s_02221

 

ホテルの廊下にあるオーロラの写真 7s_02210

(実際にオーロラを一見して、肉眼ではこのように

濃い緑色には見えないのではないかと、疑問を持った)

 

7s_02211

 

7s_02213

 

地熱発電所

 

夜間に噴出している蒸気の量に圧倒される 7s_02186

 

7s_02196

 

7s_02201

 

7s_02204