アイスランド旅行 (その10)

2015.01.18-27

写真クリックで拡大

 

アルマンナギャウ(シンクヴェトリル国立公園内)

 シンクヴェトリル国立公園ではユーラシアプレートと北米プレートとが裂けてできた雄大な地球の割れ目ギャウ(gja)が各所で見られる。その最大のものがアルマンナギャウ(Almannagja)である。「みんなのギャウ」と呼ばれている。長さは7.7 km、幅は広いところで 64 mある。

https://notendur.hi.is//~oi/geology_of_thingvellir.htm

 

DE_09338

 

アルマンナギャウmap

 

バスを降りた近く 7s_02372

ギャウの断崖上(左)に小さな人の列が見える(展望台)

 

手前にある小さな裂け目 DE_09364

 

DE_09366

 

7s_02373

 

正面のギャウに対して左(南)方向の風景 DE_09367

中央からやや左奥に教会が小さく見えている

 

DE_09374

 

DE_09375

 

DE_09379

 

右(北)方向の風景 DE_09370

 

DE_09372

 

正面(西)、ギャウの断崖 DE_09377

 

DE_09380

 

7s_02376

 

7s_02375

 

教会(左方向) 7s_02379

 

7s_02381a

 

民主議会「アルシング」が開催された場所 7s_02383

 

7s_02386

 

DE_09387

 

7s_02393

 

ギャウの傍から左(南)方向 DE_09400

 

DE_09388

 

DE_09393

 

案内図 DE_09415

 

ギャウの傍から右(北)方向 DE_09389

 

7s_02389

 

次へ