アイスランド旅行 (その13)

2015.01.18-27

写真クリックで拡大

 

南部海岸地方へ

 

車窓からの風景 DE_09514

 

DE_09515

 

DE_09518

 

DE_09519

 

DE_09520

 

DE_09525

 

廃屋 DE_09530

 

道路沿いまで巨岩が DE_09532

 

DE_09535

 

DE_09537

 

DE_09538

 

DE_09542

 

DE_09545

 

火山博物館

 2010年に、火山灰のため、ヨーロッパの広い範囲で飛行機が飛べなくなったことで記憶に残る、エイヤフィヤトラ氷河の大噴火を記録した映画を鑑賞した。地元住民が数多く出演していた。この博物館は、その記録を広報するために建てられたのだと思う。(観光地点W)

 

火山博物館 DE_09549

 

アイスランドでの噴火の歴史 7s_02431-40

 

周辺の火山地帯 7s_02432

 

エイヤファットラ氷河 7s_02437

 

エイヤファットラ火山は80万年前に形成 7s_02439

 

4月14日に噴火のはじまり 7s_02442

 

7s_02434

 

噴火は5月23日で終息 7s_02433

 

噴火後?の住民たち 7s_02441

 

火山博物館から南東方向を見る DE_09550a

 

上図の広角view DE_09551

 

付近の巨石 DE_09553

 

巨岩の下に建物が DE_09555

 

 

スコウガフォス滝

 スコゥガフォスは幅 25メートル、落差 60 m で、アイスランドで最大級の滝である。滝のある崖は、かつては海に面していたと考えられている。(観光地点T)

 最初に入植したヴァイキングの一人が、この滝の裏側に財宝を埋めたという伝承がある。

 観光した時は途中から雪が降り出し、吹雪の中での滝見となった。観光に訪れるだけの価値があるのかどうか疑問。

 

DE_09557

 

DE_09559

 

DE_09560

 

DE_09568

 

DE_09571

 

DE_09572

 

DE_09573

 

下流の風景 DE_09563

 

次へ