アイスランド旅行 (その19)

2015.01.18-27

写真クリックで拡大

レイキャビック その2

 

アイスランド国立博物館 その1

 

 国立博物館(観光地点2K)は 2,3階が常設展示場となっており、「国家の成り立ち」(Making of a Nation - Heritage and History in Iceland)というテーマで、初期のキリスト教徒の首長たちによる支配からノルウェー王による支配、そしてデンマークによる支配を経て、最終的に 1944 年にアイスランド共和国として主権国家に至るまでの、アイスランドの歴史が説明されている。

 4 つのセクションから構成

 セクション1:労働と生活様式

   (870 年に人びとが定住して以来の工夫と適応への努力)

 セクション2:アイスランドの定住パターン

 セクション3:美術と工芸

 セクション4:アイスランドの生活文化と言語

 

 (撮影時には、このような構成を意識していなかったので、以下は、ランダムな順序に、記録した素材を紹介するに留まっている。)

 

初期の住民の遺品

 移住初期の人々の墓から発掘された、装飾品、櫛、道具、武器などの品々は、生国、活動範囲、交易状況などを知る手掛かりとなる。

 

7s_02553

 

7s_02554

 

7s_02555

 

銅、錫を素材とするブローチが代表的 7s_02557

 

7s_02559

 

7s_02560

 

7s_02561

 

Key Object for the Time Period 800-1000

北欧神話の小人と、キリスト教思想が併存する人形

This human figure made of bronze has been dated, on the grounds of style, to around 1000 AD. It is believed to depict Þór (Thor), one of the major Norse gods, but it could also represent Christ enthroned in glory. The figure grasps an object thought to be Þór’s hammer, but also similar in shape to the Christian cross.

 

実際の大きさは下図で 7s_02579

 

7s_02576

 

Key Object for the Time Period 1000-1200

Crist the King

This figure of Christ is from Ufsir from a cross which is now lost. The figure is carved in birchwood in the Romanesque style. It was originally painted, and traces of paint remain. The crucifix hung in the church at Ufsir, North Iceland. It is believed to be made in Iceland, and to date from around AD 1200.

Christ is depicted bearded, with hair shoulder-length hair. He wears a loincloth, as was customary in such images, and stands upright on a pedestal, with his head uplifted, eyes open, and arms at right angles to the body; these features are typical of the Romanesque style.

Romanesque crosses were common until about 1200 AD. They were followed by Gothic crosses, where Christ is depicted wearing the martyr’s crown of thorns, hanging in a deathlike pose with head bowed.

 

Crist the King 7s_02574

 

7s_02575

 

次へ