アイスランド旅行 (その25)

2015.01.18-27

写真クリックで拡大

レイキャビック その8

 

 レイキャビックでの観光地点map

 

ハットルグリムス教会

 

 Guðjón Samúelsson により1937年に設計され1945年に着工、完成は1986年、計画から完成までに41年もの歳月を要した。17世紀の聖職者で詩人の Hallgrímur Pétursson の名にちなむ。

 建物はコンクリート製、高さは74.5mで、アイスランドでは最も高い建造物である。(観光地点2H)

 訪問したときはミサの最中で、中に入ることはできなかった。(少し開けてもらった隙間から、パイプ・オルガンの音色を聴くことができた。) 

 

高さ74.5m DE_10035

 

柱状節理をモチーフにしたデザイン DE_10037

 

レイフ・エリクソンの像 DE_10027

アメリカ大陸を初めて訪れたヨーロッパ人は

アイスランド人のレイフ・エリクソンで、

コロンブスによる「発見」よりおよそ500年も前のこと。

この像は民主議会「アルシング」発足1000年を記念し、

1930年にアメリカ合衆国から寄贈された。

 

DE_10030

 

DE_10026

 

DE_10039

 

DE_10041

 

 

ペルトラン展望台

 レイキャヴィークの南部にある複合施設。Perlanとはアイスランド語で「真珠」を意味する。(観光地点2N)

 高さは25.7m。建物の周囲に巨大な円筒が6つ並んでおり、これが温水を貯蔵するタンクとなっている。郊外の地熱発電所から送られた熱水がここに集められ、市内全ての給湯をまかなっている。1991年に完成。

 中央の建物の中にはサガの歴史博物館をはじめ、会議場、ショップ、カフェ、バー、レストランと様々な施設がある。特に最上階にある回転レストランは、夜景を一望できるレストランとして非常に人気が高い。

 

入口付近から4階の展望台を見上げる DE_10043

 

展望台からの眺め

 立っていられないほどの強風のためゆっくりと景色を楽しむことはできなかった。

 

北北東方向を見る DE_10077

 

北方向を見る DE_10075

 

雲の切れ目から一瞬の輝き DE_10045a

 

DE_10047

 

東南方向を見る DE_10054

 

DE_10072

 

吹雪の様子をカメラに収めることは難しい DE_10084

ペルトラン・入口で