ピレネー・バスク地方 (その1)

写真クリックで拡大

 

パラドール・Viella(ビエリャ、ヴィエリャ、ヴィエジャ)からの展望

 

テラスから南側を見た風景 DE_19485a

旅行案内に「ピレネーのアラン谷を部屋から望むパラド-ル」

という表現があるが、これがアラン谷か?

 

とんがり帽子のdining room(建物の東端に位置) DE_19487

 

夜明け DE_19491

 

(DE_はNikonのカメラ) DE_19493

 

(7s_はSonyのカメラ) 7s_07906

 

7s_07922

 

朝もやが残る Viella の町を見下ろす(東方向) 7s_07930

(気軽に歩いて町まで、とはいかない)

 

7s_07939

 

7s_07941

 

 ・パラドール・ヴィェリャってどこにあるの?

 ・アラン谷って、どの辺り?

 ・パラドールのテラスから南側に見える山の名前は?

 ・ヴィエリャ・トンネルとは?

   ご関心があれば→こちらを

 

アイギス・トルテスの自然を散策

 

Estany de Llebreta(ジョブレタ湖、リュブレタ湖) 7s_07955

 

西側の眺め(午前中、背後から日光) DE_19548

 

DE_19598

 

南側の眺め DE_19605

 

DE_19557

 

多分 Bosc de la Cremada DE_19560

山の形は少し見る位置を変えるだけで大きく変化するので

特定が難しい

 

DE_19570

 

牛ふんのようなキノコ類 DE_19589

 

絆創膏の役割をする葉 7s_07990

 

7s_07966

 

7s_07980

 

 ・散策したのはどの辺り?

 ・散策地から見えた山は?

   ご関心があれば→こちらを

 

ボイ谷の中心部にあるサン・ホアン教会(Esglesia de Sant Joan)

 地図

DE_19498

 

DE_19500

 

あまりに構図が完全過ぎて... DE_19509

 

DE_19510

 

タウール村のサン・クリメント教会(Sant Climent de Taull)

 地図

 12世紀に建築されたロマネスク教会で、バジリカ式の3身廊という質素な造り。

 かって異宗教の波が押し寄せた際に、この辺ぴな山奥に隠遁した修道僧達が何世紀にもわたりほぼ無傷のまま教えを受け継いで来ている。

DE_19644

 

DE_19624

 

鉄骨の錆が寿命に影響しないのだろうか? DE_19638

 

横手にある墓地 DE_19661

 

類似の工法による古い建物 7s_08085

 

小さな石片の積み重ねが高い断熱効果をもたらす 7s_08088

 

教会内部

 身近に暮らす人々の素朴な作品群のように思える。

 

7s_08039

 

7s_08044

 

7s_08046

 

7s_08076

 

7s_08080

 

7s_08040

 

プロジェクション・マッピング

 

フレスコ絵を剥がされた普通のドームであるが.. 7s_08074

(剥がされたフレスコ絵はカタルーニャ美術館で展示)

 

光の投影により絵が浮かび上がる 7s_08034

(縞模様はカメラ設定条件のまずさによるもの、

サイレント撮影モードに設定すると発生)

 

全能のキリスト(Absis central de Sant Climennto) 7s_08037

タウール作(2人の作品という記事もあり)

 

7s_08069